So-net無料ブログ作成

仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑(産経新聞)

 支持率低迷にあえぐ鳩山政権の“切り札”と言える政府の事業仕分けで、18日、思わぬ騒動が持ち上がった。仕分け作業の中枢メンバーである尾立源幸(もとゆき)参院議員(民主党)が4月末、西日本高速道路(大阪市)を訪れて現地調査し、批判したことが「圧力ではないか」と問題視された。尾立氏も会社側も「圧力」を否定するが、「仕分け」という錦の御旗があれば、何でもできるのかという「権限」の問題が以前から指摘されてきた。鳩山由紀夫首相が支持率回復へのいちるの望みを託す仕分け劇場にも、暗雲が漂っている。

 「(会社内の対立の)構造にボクは入っちゃったわけです」

 尾立氏は18日、産経新聞の取材に対し困惑の表情を見せた。

 尾立氏や西日本高速道路の説明によると、発端となったのは、同社の子会社のテナント選定で不正があるなどとする月刊誌の報道。同社は4月下旬、記事の真偽を確認するため外部有識者による調査委員会を設置した。

 尾立氏は4月30日、事業仕分けのヒアリングとして同社を訪れた。その際、同社が調査委を設置したことについて、「拙速ではないか」などと批判。これは、会社経営への“介入”や仕分け人の権威をかさに着た“圧力”だと受け取られかねない微妙な行為だった。

 尾立氏は「調査の対象は聖域なくやる。洗い出しは任されている」と視察の正当性を強調。「『調査委員会をひっくり返せ』とか『辞めろ』とは言っていない。高速道路という国民の財産を監視する上でおかしくない」と反論する。

 ただ、枝野氏は5月18日の記者会見で、「誤解を招かない対応をお願いしているし、今後も現場調査では十分留意するよう徹底したい」と話し、慎重な対応を求めた。

 今回の騒動で見えてきたのは、法的権限がはっきりしない仕分け人が、国家予算そのものや国家予算に基づく事業に大ナタをふるうことの危うさだ。

 平成22年度予算を対象とした昨年秋の事業仕分け第1弾では、スーパーコンピューター開発事業など科学技術予算にも躊躇(ちゅうちょ)なく「縮減」判定を下したが、ノーベル賞受賞者の猛反発を受けた。結局、実際の予算編成では予算の「復活」を認めざるを得ず、仕分けの限界を示す結果となった。

 20日から始まる仕分けの対象となる70の法人は、政府の一定の関与があるとはいえ民間団体だ。このため、刷新会議内でも「民間を相手に政府がどこまで口出しできるのか」(関係者)という消極論が当初から存在した。

 にもかかわらず、政府が仕分け作業に入るのは、夏の参院選を見据え、「少しでも世論の評価を得たい」(政府関係者)という打算がある。特に米軍普天間飛行場移設問題や「政治とカネ」問題で窮地が続く政権にとって、唯一の光明だ。

 事業仕分けへの国民の支持は高いが、仕分けが内包する問題点を検証する必要がありそうだ。

【関連記事】
事業仕分け第2弾後半戦 対象事業を正式決定
公益法人仕分け、対象は73法人86事業 18日決定
国の文化財「仕分け」する難しさ
事業仕分け第2弾 後半戦は迷走の予感
「民から官へ」の逆行許すな 仕分け、内容伴わず
中国が優等生路線に?

ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針(読売新聞)
ソニー銀元行員逮捕へ=顧客から4000万詐取容疑―警視庁(時事通信)
<詐欺未遂>容疑で中学教師逮捕 他人の運転免許証不正使用(毎日新聞)
谷村新司さん、非行防止へ楽曲書き下ろし(産経新聞)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)

8歳児暴行容疑で母逮捕=「食事こぼし、いらついた」−栃木県警(時事通信)

 自宅で小学3年の長男(8)に暴行してけがを負わせたとして、栃木県警足利署は11日までに、傷害容疑で同県足利市百頭町、母親で老人福祉施設職員大橋忍容疑者(34)を逮捕した。同署によると、「ごはんをこぼして思い通りに片付けなかったので、いらいらしてたたいた」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は9日午後8時半ごろ、自宅で食事中の長男の顔を平手で殴ったり、左腕をけったりして約10日間の打撲を負わせた疑い。 

【関連ニュース】
法政高の元教諭2人書類送検=修学旅行で生徒暴行の疑い
8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警
6カ月長女に暴行容疑、両親逮捕=ヘアアイロン押し当てる
飲酒し自転車でひき逃げ=重傷負わせた男書類送検
ショッピングセンターに車突っ込む=客7人負傷、79歳の男逮捕

魚焼きグリル火元 9割は不注意原因 消し忘れ、油汚れ…火災5年間で 241件(産経新聞)
POLYSICS武道館ライブでカヨ卒業「イママデアリガトウ」
急性期病院の特定療養費、都道府県で最大2.5倍の開き(医療介護CBニュース)
出先機関仕分け 7省10系統対象(産経新聞)
人さし指以外で指紋変造テープ、審査盲点突く(読売新聞)

5月に老健整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)

 東京都は5月25日、介護老人保健施設(老健)を整備する今年度事業の説明会を開催し、整備費補助の条件などを説明する。

 都内の高齢者の増加に伴い、老健の増設を支援するのが目的で、1床当たりの整備費補助は430万円。整備率の低い地域には特別補助も実施する。

 整備費補助の対象は、都内で老健施設の整備(療養病床からの転換も含む)を計画している医療法人、社会福祉法人、区市町村職員など。


【関連記事】
社会福祉法人の経営状態判定のチェックリストなど導入へ―東京都
社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会
社会福祉法人の経営適正化を推進‐東京都
介護保険法施行以降、最多の倒産件数―訪問介護事業者
職員数の増員など求め要望書―特養ホームを良くする市民の会

京都府知事に山田氏3選=4月の地方選挙(時事通信)
<高速道路>新料金見直し 値上げ幅抑制が焦点 「建設」との両立は(毎日新聞)
<事業仕分け>対象47独法、天下り法人ほど高給取り(毎日新聞)
事業仕分け 傍聴者「大幅削減に期待」(毎日新聞)
のりピー夫・高相祐一氏、薬物売買現場撮られた?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。