So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

<自民党>谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は29日午前、山崎拓前副総裁(73)と党本部で会談し、「(70歳)定年制を守れという強いアピールがあり、党内をまとめるために協力願いたい」と述べて、今夏の参院選比例代表候補として公認しない考えを伝えた。山崎氏は「重く受け止める」と受け入れた。

 会談後、山崎氏は今後の対応について記者団に「すべて現時点では白紙だ」と語った。大島理森幹事長は29日、片山虎之助元総務相(74)と保岡興治元法相(70)にも公認しない方針を伝えた。【田所柳子】

【関連ニュース
自民党:比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮
山崎前副総裁:公認問題決着後、進退自ら判断
自民党:「70歳定年」賛否相次ぐ
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
山崎前副総裁:引退へ 参院選で自民公認難しく

「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見(産経新聞)
彬子さま、オックスフォード大で哲学博士(産経新聞)
NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出(医療介護CBニュース)
美人すぎる市議、映像で八戸をPR(スポーツ報知)

<衆院予算委>2次補正通過へ 集中審議2月実施で合意(毎日新聞)

 衆院予算委員会は25日午後、09年度第2次補正予算案を与党と公明、みんなの両党の賛成多数で可決する。同日午後の衆院本会議で可決され、参院に送付される見通し。公明党が厳しい経済情勢を理由に同予算案に賛成することで、通常国会冒頭から自民党と対応が分かれる。

 予算委に先立ち同日午前に開かれた理事会で、野党側は10年度予算案の審議入り前に「政治とカネ」の問題で集中審議を行うよう要求し、与野党が対立。民主、自民、公明3党の国対委員長会談で、党首討論を2月中旬、集中審議を2月中に行うことで合意したが、午前9時から予定されていた2次補正予算案の締めくくり総括質疑は午後にずれ込んだ。

 総額7兆2000億円の同予算案は雇用、環境、景気が柱。従業員を解雇しない企業に対する雇用調整助成金の対象要件緩和や、エコカー補助制度の延長などを盛り込んでいる。26日に参院で審議入りし、28日に成立する見通し。【野原大輔】

【関連ニュース
マニフェスト:着手7割に 調整・修正は26項目に増加
10年度予算案:国会提出 官房長官「円滑な審議を」
2次補正予算案:自民は反対方針
通常国会:菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁
補正予算案:25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会

巨人加治前選手、野球用具盗まれる=駐車中の車から−神奈川(時事通信)
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(2)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)
「学校選択制」反対相次ぎ、試行先送り 横浜市(産経新聞)
【鉄道ファン必見】引退の花道、デハ702「さよなら運転」 銚子電鉄(産経新聞)

JR阪和線で遮断棒折れ 堺市−三国ケ丘駅間の踏切(産経新聞)

 26日午前7時45分ごろ、堺市堺区中三国ケ丘町のJR阪和線堺市−三国ケ丘駅間の踏切で、遮断棒が折れ曲がっているのを通行人が見つけ、近くの堺市駅の駅員に通報した。駅員が遮断棒を応急処置するまでの間、現場を通過する電車が徐行運転を行い、約15分後に通常速度での運転を再開した。

平沼氏、保守勢力の結集にも意気込み(産経新聞)
<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)
<書籍恐喝販売容疑>えせ同和の出版社捜索 岡山県警(毎日新聞)
小沢氏聴取から一夜…波紋収まらず 側近ら沈静化に躍起(産経新聞)
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承(医療介護CBニュース)

<携帯ストラップ>回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出(毎日新聞)

 太平洋戦争で旧日本海軍が使った人間魚雷「回天」や航空特攻兵器「桜花」の胴体に、キューピー人形の顔をあしらった携帯ストラップが全国の自衛隊基地内の売店などで売られていた。販売元は「不謹慎」との批判を受けて昨年12月に販売を中止、商品を自主回収した。【渡辺暢】

【関連写真特集】キューピー展 100年前の原画など400点公開

 販売元の「シップス」(神奈川県大和市)などによると、ストラップは戦闘機の零戦など旧日本軍兵器にキューピーの顔をあしらった「旧軍コレクション」シリーズの一つで自衛隊基地の売店で1個500円で昨年秋ごろから販売。回天キューピーは「大日本帝国海軍」の帽子をかぶっている。自衛隊関係者以外も購入可能で、通信販売していた売店もあった。

 回天は、魚雷を人間が搭乗できるように改造し、敵艦艇に突入して自爆する特攻兵器。訓練基地が置かれていた山口県周南市の市回天記念館によると、終戦までに搭乗員や整備員ら145人が戦死した。桜花は機首に大型爆弾を搭載し、固体ロケットを噴射して敵艦に体当たりする「人間爆弾」。

 昨年12月中旬、自民党の山本一太参院議員が自身のブログで「回天のキューピーちゃんは問題」などと記載したことをきっかけに「不謹慎だ」「ありえない」といった批判がネット上で続出した。

 同社は「予想以上に批判が大きかったので、回天と桜花を自主回収した」と説明。防衛省広報課は「売店が何を売るかについては関知していない」としている。

 販売中止について、回天記念館の元館長、高松工(たくみ)さん(87)は「あまりに不謹慎でも問題だが、神聖視しすぎてもおかしい。大事なのはあの悲惨な事実をできるだけ多くの人に知ってほしいということ」と複雑な胸中を明かした。

【関連ニュース
<写真特集>佐々木希「キューピーのように可愛く」アニメでナレーター初挑戦
<写真特集>週刊少年サンデー:南、パーマン、とら……人気キャラが“キューピー化”
<写真特集>レッドクリフ:パート2のDVD、BD発売 武将キューピー付きパックも
<釣りバカ日誌>ハマちゃん、スーさんがキューピーに

28日に介護ロボットの実演会―全国老施協が市民フォーラム(医療介護CBニュース)
火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
<訃報>柴野拓美さん83歳=作家・翻訳家(毎日新聞)
検察に“圧力”、報道を批判…民主の言動過熱(読売新聞)
「銀座のママは金持っている」=ひったくり容疑で少年5人逮捕−警視庁(時事通信)

自民に新グループ=山本元金融相ら6人(時事通信)

 自民党の山本有二元金融担当相ら6人が新たなグループを旗揚げすることが18日、分かった。山本氏が19日に記者会見して発表する。メンバーは山本氏のほか鴨下一郎元環境相、古屋圭司、武田良太、古川禎久の各衆院議員と衛藤晟一参院議員。名称は「のぞみ」で、今後、積極的に政策提言を行っていく方針。 

政権に打撃、小沢幹事長の進退焦点に(読売新聞)
9階から高1男子転落死=那覇(時事通信)
「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
<通常国会>「政治とカネ」最大焦点に 予算審議に影響も(毎日新聞)
「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表(産経新聞)

<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)

 防衛省が秘密を含む情報に接する隊員を対象に、任意の内部調査の段階でもポリグラフ(うそ発見器)検査に協力するという趣旨の誓約書を書かせていることについて、北沢俊美防衛相は22日の閣議後会見で「前政権の時に決めた話」と述べたうえで「極めて秘匿性の高い任務を遂行しているので、心構えとしてあらかじめ誓約しておくのは(情報漏えいの)抑止力になる」との見解を示した。

 07年に起きたイージス艦情報流出など情報漏えいが相次いだため同省は09年度、内局や情報本部などの隊員に誓約書の提出を求めたが、一部の隊員から「初めから犯人扱いはおかしい」と反発する声が上がっている。【樋岡徹也】

【関連ニュース
サイバー攻撃:対処担う「企画調整官」新設…防衛相が意向
安保改定50周年:日米の外務・防衛担当閣僚が共同声明
ハイチ大地震:自衛隊派遣準備を指示 防衛相
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了
普天間移設:辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」

<陸山会土地購入>水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に(毎日新聞)
「西松事件で証拠隠し」=石川議員元秘書、自民会合で証言(時事通信)
<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)
<衆院代表質問>首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)
23日に奈良で若草山焼き 平城遷都1300年祭記念で花火3倍に(産経新聞)

無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に(産経新聞)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が16、17両日実施した合同世論調査で、政権発足後初めて鳩山内閣の支持率が5割を下回ったのは、無党派層や女性を中心に鳩山内閣離れが進んでいることが大きな要因だ。調査では、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題で国民が不信感を覚え、民主党支持層でさえも厳しい声があることが浮き彫りになった。

 昨年9月の政権発足直後の調査(9月16、17両日)で68・7%と6割を超えた内閣支持率は、この4カ月間で24・4ポイント下落した。特に発足時、約8割が支持した女性40代は支持率が半減、39%まで落ちた。

 民主党支持層では、なお84・9%と高い内閣支持率だが、「支持政党なし」とするいわゆる無党派層では24・6%と内閣発足時に比べ約3割減った。政党支持率も、自民党を大きく引き離しているが、内閣発足直後と比べると1割以上減り、3割台前半にまで落ち込んでしまった。

 支持の減少が、小沢氏らをめぐる「政治とカネ」問題への不満と結びついているのは明らかだ。小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件に関しては、特に中高年の女性の視線が厳しくなっている。40代の94・8%、50代の95・2%の女性は、小沢氏のこれまでの説明に「納得していない」と回答。「小沢氏は幹事長を辞任すべきだ」とする回答も、男性の67・1%に対して女性は74・1%。さらに「小沢氏は国会議員を辞職すべきだ」とする答えも女性では5割を超えた。

 一方、民主党支持層からも小沢氏に対しては厳しい視線が送られた。小沢氏の説明に「納得できない」と答えた人は83・0%で、小沢氏が批判している検察側の捜査についても、63・0%が「適切だ」と回答。「小沢氏は幹事長を辞任すべきだ」としたのが57・7%に上り、「議員辞職すべきだ」との答えも29・9%あった。

 また、小沢氏をめぐる問題への鳩山首相の対応についても、民主党支持層で50・9%が「適切ではない」と答え、さらに79・6%が今夏の参院選に「影響がある」と回答している。

 無党派層では、小沢氏の説明に92・5%が「納得できない」と答え、参院選への影響についても91・9%が「ある」としており、「脱小沢」志向が強く現れている。

【関連記事】
鳩山首相「幹事長信頼して一枚岩に」
首相にふさわしい人に菅氏急浮上 産経・FNN合同世論調査
“世間ズレ”鳩山、支持率急落 不支持40%前後にも
主な質問と回答 産経・FNN合同世論調査
民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり

小沢氏の信託銀行口座から3億円…98年頃(読売新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)
<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
<名古屋市>予算案で市民公聴会 子育て、福祉に意見相次ぐ(毎日新聞)

小沢氏側への裏献金 大久保被告自宅を捜索 石川議員は3度目聴取(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部は14日、政治資金規正法違反容疑の関係先として、陸山会の会計責任者だった公設第1秘書、大久保隆規被告(48)の岩手県釜石市の自宅を家宅捜索した。13日に続き連日の捜索という。

 また、会計事務担当だった石川知裕衆院議員(36)が14日も特捜部から任意で事情聴取されたことが関係者への取材で分かった。石川氏の聴取は3回目。石川氏はこれまでの任意聴取に、収支報告書への不記載については認める一方、「ミスだった」と犯意は否認している。

 関係者によると、陸山会は平成16年10月、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入。この際、石川氏は土地代金の原資として4億円を簿外で調達したが、政治資金収支報告書に記載しなかった疑いが持たれている。

しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ(時事通信)
小沢幹事長 土地購入問題で陳謝 違法性は否定(毎日新聞)
新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明(J-CASTニュース)
<田原成貴元騎手>大麻所持で有罪 京都地裁判決(毎日新聞)
デビュー31年、還暦前の栄冠…直木賞・佐々木さん(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。