So-net無料ブログ作成

国債増発で福祉拡大を=公聴会で榊原早大教授−参院予算委(時事通信)

 参院予算委員会は16日、2010年度予算案について有識者の意見を聞く公聴会を開いた。榊原英資早大教授は「日本の個人金融資産は(国の債務残高を上回る)1500兆円近くあり、国債消化には問題がない」と述べ、当面は国債を増発し、福祉政策を拡大すべきだと訴えた。ただ、中長期的には財政再建が必要と指摘し、「消費増税を考えないといけない」と語った。
 榊原教授は、高福祉・高負担の欧州型の福祉国家を目指すべきだと強調。日本の福祉が介護や医療など高齢者に偏っている点に触れ、「育児や教育に広げていくのが大切。若い人向けの福祉の拡充が必要だ」と主張した。その上で、子ども手当や高校無償化を盛り込んだ10年度予算案を高く評価した。 

【関連ニュース】
将来の増税に含み=任期中の消費税上げは否定
消費税争点に衆院選も=行政刷新相
消費税、社会保障目的に=首相「税率極めて低い」
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収
外国たばこ、値上げ認可=財務省

「日本庭園」の景観復活へ 大阪万博40年 草木伸び放題、伐採視野(産経新聞)
鳩山邦夫氏、自民執行部に冷や水 「強力野党」見切り発車(産経新聞)
高校無償化法案が衆院通過=子ども手当法案も(時事通信)
将棋 中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)
<運転終了>特急「北陸」と急行「能登」 上野駅でファン惜別(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。